汗臭い対策

手軽に取り入れられる汗の匂い対策

夏場になると汗の臭い対策が欠かせないという人もいるでしょう。もともと汗かきの人などは、年中気になってしまうということもあるかもしれません。
いずれにしても、汗の臭いというのは男性でも女性でも気になるものなのです。

 

汗臭の原因
汗臭には脇の下の臭いや頭の臭い、足裏の臭いなどもあります。それらの臭いが発生する原因というのは、汗や脂質の分泌と雑菌の繁殖になります。ただし、子供の汗臭さと中高年の汗臭さでは違いがあります。それは抵抗力が落ちている中高年の場合は皮膚上で雑菌が繁殖しやすく汗や脂質が酸化しやすいからです。その結果、加齢臭のように嫌な臭いが発生しやすくなっているのです。そのいっぽうで、わきがなどの症状で悩んでいるという人もいるでしょう。

 

汗臭いとわきがの違い
わきがというのは、単純に汗の臭いが原因だと言っても、普通の汗とわきがの原因となる汗とでは分泌経路が違います。運動などで出る汗というのはエクリン腺から分泌され、わきがの原因となる汗はアポクリン腺から分泌されます。このアポクリン腺から出る汗には、脂肪やタンパク質が含まれているので、臭いの原因物質が発生しやすいのです。ただし、エクリン腺からの汗でも嫌な臭いになることがあります。疲労臭といって汗に含まれる尿素やアンモニア臭が増えていることが原因です。

 

汗の臭い対策
ですから、汗の臭い対策としては、雑菌の繁殖を抑えることが大切になってきます。運動部の中学生や高校生などは汗をかくことは避けられないので、そのぶん嫌な臭いにならないように雑菌が繁殖しないようにしていくことが欠かせないというわけです。まずは汚れや汗を洗い流して清潔な状態にしておくことが大切ですが、それ以外にも殺菌効果のあるデオドラントスプレーを使ったりクリームなどを塗っておくこと、さらに汗の臭いを抑えるシャツや靴下などで対策をとっておくのがいいでしょう。